TOP

> 企業情報 >

知的財産への取り組み

知的財産権メージ
マツイの知的財産運営方針

マツイは知的財産権で保護された付加価値のある商品をお客様へ提供し、その商品を通してマツイはお客様とともにプラスチック業界に貢献します。またコンプライアンスを基本とし、企業の社会的責任を認識した活動を理念において活動を行います。

  • 知的財産権で保護された付加価値の高い商品を生み出します。
  • 当社は知的財産権を重要な経営資源と考えており、自社の知的財産権の存在を曖昧にしないことが、結局は、お客様の信頼を得ることと理解しております。
  • 限られた資源を有効活用するため、メリハリのある知的財産運営を行います。
活動概要
  • 1.知的財産権の創造と活用を図るため、マツイ社内で知的財産の研修会を定期的に行い社員のレベルアップを行います。
  • 2.職務発明の報奨制度を有効に運用することで、社員に対し知的財産活動への取り組みを奨励します。
  • 3.メリハリのある知財管理を行なうため下記の手段を実施します。
    • ① 戦略製品関係特許は早期審査する。
    • ② 登録特許の内、今後不要なものは積極的に放棄する。
    • ③ 自社の特許を活用する。
  • 4.取得した権利を有効に維持管理する知的財産管理システムを運用します。
    • ① 海外拠点と共にグローバルな視点での知的財産評価委員会の運用。
    • ② 商標委員会の運用。
  • 5.他社権利の抵触を防止するため、先行技術のデータベースの利用方法の説明を定期的に行ないます。
  • 6.社内に対して知的財産を中心とした啓蒙を行い、自社の権利を主張するとともに他社の権利も尊重する企業風土つくりに取り組みます。

​​