バンパー、インパネ専用破砕機

MSHB-i

バンパー、インパネ専用破砕機 MSHB-i は、バンパー、インパネの他、ドアートリム等の大物成形不良品の一次破砕を行い、その後粉砕機に投入することで、設置スペース、設備費、ランニングコスト、騒音等を低く抑えることが可能です。

◆ 特長

1.高能力と省エネ
●低馬力(2.2kw)で200~350kg/h の高破砕能力。
●板状(約100×60mm)に破砕するので、粉砕機内の充填率を高くする事ができ、粉砕能力を最大限に引き出せる。
●破砕機の2軸の回転速度を変えることで破砕片の連鎖を少なくしている。
2.作業性
●バンパーの一端が刃に咬みこめば、引き込み作用が働き作業者のサポートが不要。
●投入ホッパーの間口が900×590mmと広く、インパネ等も容易に投入ができる。
●破砕完了センサーで確実な投入が出来る。(OP)
●破砕能力を変える場合は、インバーターで回転スピードを変更する。(OP)
3.低騒音
●投入ホッパーは制振鋼板を採用しているので跳ね返り音が低い。(PPバンパーの場合80dbA以下)
4.清掃性
●覗き窓を左右に設け、点検口(540×400mm)を前面に広く取り、日常点検、清掃がやり易い。
5.省スペース
●設置スペースが1000×1468mm と省スペース。
6.安全性
●安全バー(標準装備)危険な時に安全バー(黄色と赤色部)の一端に触れると破砕機が停止する。