吸引式空気輸送装置(JL2)

保守点検要領
JL2 の診断要領へ →

※安全のため、点検作業時には機械の電源は必ず切ってください。

※フィルターの劣化がひどく、付着物が取り除けない場合は新しいフィルターに交換してください。

ここをクリックすると詳細図が別ウインドウで表示されます。(pdf)
 保守点検箇所
点検目安 作業内容 注意事項
(1)カートリッジフィルター
毎日 輸送装置よりフィルターボックスを取り外し、内部フィルターにクリーンなドライエアを吹き付け、付着物を取り除く。
吸気エアが、必要量流れず材料輸送が、スムーズにおこなわれない場合があります。
フィルターをセットする場合、ボックスにまずパッキングを取り付けてからセットしてください。
(2)ダストホッパー(VC型のみ)
毎日 ダストホッパーを取り外し、内部に溜まっている粉塵を取り除く。
吸気エアが、必要量流れず材料輸送が、スムーズにおこなわれない場合があります。
(3)捕集器内金網フィルター
1ヵ月毎
または
材料替え毎
捕集器のキャッチクリップを外し金網フィルターを取り出しドライエア・ウエスなどを使って付着物を取り除く?/td>
吸気エアが、必要量流れず材料輸送が、スムーズにおこなわれない場合があります。
金網フィルターをセットする場合、先に金網フィルターを取り付けてからパッキングをセットしてください。
(4)サクションノズル
1ヵ月毎
または
材料替え毎
サクションノズル、2次空気調整リングにドライエアを吹き付け、付着物を取り除く?/td>
2次空気調整リングの調整不良により、材料の輸送量が安定しない場合があります。
(5)材料ホース(PVCホース)吸気ホース(GLホース)
6ヵ月毎 各ホースに変形・亀裂・破損がないか確認。
特に亀裂・破損がある場合、材料輸送が、スムーズにおこなわれない場合があります。
JL2 の診断要領へ →

​​