吸引式空気輸送装置(JL2)

診断要領
JL2 の保守点検要領へ →

※作業前は必ず電源ブレーカーを "OFF" にしてください。

クリックすると詳細図が別ウインドウで表示されます。(pdf)

!
診断項目
  1. モータブレーカーがトリップする
  2. 材料減でもブロワが回らない
  3. 媒体減
  4. センサー異常
  5. ヒーター過温

1. モータブレーカーがトリップする

モータブレーカーがトリップする診断チャート

2. 材料減でもブロワが回らない

材料減でもブロワが回らない診断チャート

3. ブロワ起動時にヒューズが切れる

ブロワ起動時にヒューズが切れる診断チャート

4. 材料が満杯でも輸送を繰返す

材料が満杯でも輸送を繰返す診断チャート

5. ブロワが回っても材料を輸送しない

ヒーターBOX内が過昇温し、固定サーモスタットが感知した場合に発生します。運転が自動的に停止します。

ブロワが回っても材料を輸送しない診断チャート

JL2 の保守点検要領へ →

​​