輸送機一体型除湿乾燥機(MJ3)

保守点検要領
MJ3 の診断要領へ →
ここをクリックすると詳細図が別ウインドウで表示されます。(pdf)
 保守点検箇所
点検目安 作業内容 注意事項
(1)冷却水(水冷タイプ)
毎日 冷却水入口の圧力が0.49Mpa以下であることを確認。また、冷却水が流れているか点検。
冷却水が流れていないと、乾燥露点が下がらなくなり、乾燥不良の原因になります。
(2)温度コントローラー
毎日 乾燥温度が温度コントローラーで設定した温度で制御されているか確認。また、再生温度が180℃〜220℃程度か確認。
乾燥温度は「SV」スイッチを押して確認してください。
再生温度は「Reset」スイッチと「SV」スイッチを同時に押してください。スイッチが押されている間再生側の実温度が表示されます。
(3)ホース
1週間毎 ホースが外れていないか、エア漏れはないか確認。
ホースがやぶれている場合、新しいホースに交換してください。
(4)フィルター
1週間毎 目詰まりを起こしていないか確認。目詰まりしている場合はフィルターを取り外して、クリーンなドライエアを吹き付け、付着物を取り除く。
ドライエアを吹き付けての清掃は、フィルターの付着物が空中を舞うため、マスクなどをしておこなってください。
フィルターが目詰まりを起こすと、運転温度のバラつきや、風量のバラつきを起こし、火災の原因にもなりますので注意してください。
装置本体の周囲環境によって、フィルターの汚れ具合が変わりますので、こまめに点検、清掃をおこなってください。
点検後はフィルターを元どおりセットし、確実に固定してください。
目詰まりのひどい場合は、新品と交換してください。
点検は装置を停止させた後、必ず前面の電源ブレーカーをオフにしてからおこなってください。
(5)電磁開閉器、電磁接触器
1週間毎 制御盤内に取り付けられている電磁開閉器、接触器の接点溶着、消耗がないか確認。接点の溶着、消耗がある場合には部品の交換。
点検は装置を停止させた後、必ず前面の電源ブレーカーをオフにしてからおこなってください。
(6)エアーキット
1週間毎 フィルターレギュレターの調整ノブを引き上げロックを外し、調整ノブを左に回して圧力計が0(ゼロ)になったことを確認してから、ボウル内に溜まっているドレンを排出。
ボウル下部のドレンバルブを押せば排出可能。
空き缶などでドレンを受けてください。
(7)端子
1ヵ月毎 制御盤内部および装置内電気機器の配線接続部のゆるみを確認。
ゆるみがある場合、増締をおこなう。
点検は装置を停止させた後、必ず前面の電源ブレーカーをオフにしてからおこなってください。
(8)ボルト・ナット
6ヵ月毎 各所のボルト、ナット類のゆるみを確認。
ゆるみがある場合、増締をおこなう。
(9)ローター駆動ベルト
6ヵ月毎 ベルトにひび割れ、傷み、およびゆるみがなく、ローターが正常に回転していることを確認。
異常が認められた場合には、ベルトの交換が必要です。最寄のサービス拠点へご連絡ください。
(10)冷却式アフタークーラー
6ヵ月毎 蓋、インナー、冷却ジャケット(内)を取り外し冷却ジャケット(外)および冷却ジャケット(内)に付着したガス成分の清掃をおこなう。
点検は装置を停止させた後、必ず前面の電源ブレーカーをオフにしてからおこなってください。
MJ3 の診断要領へ →

​​