圧送輸送機(PLP)

保守点検要領
PLP の診断要領へ →

※安全のため、点検作業時には機械の電源は必ず切ってください。

※フィルタの劣化がひどく、付着物が取り除けない場合は新しいフィルタに交換してください。

ここをクリックすると詳細図が別ウインドウで表示されます。(pdf)
 保守点検箇所
点検目安 作業内容 注意事項
(1)ダストカップ
毎日 ダストカップを取り外し内部に溜まっている粉塵を取り除く。
作業終了後は、ダストカップを確実に取り付けしてください。取り付けが不十分な場合、粉塵飛散の原因となります。
(2)排気フィルタ
1週間毎 クリアーターミナルからフィルタを取り外しクリーンなドライエアを吹き付け、付着物を取り除く。
フィルタが目詰まると、輸送 不良の原因となります。
(3)フィルタレギュレータ
1週間毎 ボウル内に溜まっているドレンを排出。
(4)フィーダーユニット
1ヵ月毎 点検口を開け内部にクリーンなドライエアを吹き付け、付着物を取り除く。
清掃後は、パッキングを確実に取り付けしてください。取り付けが不十分な場合、材料または、粉塵飛散の原因となります。
(5)ガラスパイプ
1ヵ月毎 ガラスパイプ内面の粉塵付着を点検。
付着物があると、輸送不良の原因となります。
PLP の診断要領へ →

​​