ダンパ交換要領 (旧型ジェットクロン)

初めに

ダンパー動作説明

ダンパー動作説明(1)自然状態 ダンパー動作説明(2)閉状態(吸引式) ダンパー動作説明(3)材料満杯状態
  • 輸送不良時、ダンパー閉時の位置を確認し異常であれば、ダンパーアームが変形しているので交換が必要です。

主に使用する工具および部材

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 2mmの六角レンチ
  • 3mmのピンポンチ
  • 電動ドリル
  • 3mmキリ
  • エポキシ系樹脂の接着剤
  • 鉄ハンマー
  • プラスチックハンマー
交換・調整要領
1. カバーを外します。
カバー

2. リミットスイッチ・ソレノイド・サージキラーを外します。
リミットスイッチ・ソレノイド・サージキラー

3. カムを外します。
カムを外す
2.0mmの六角レンチで虫ねじをゆるめて引き抜きます。

レンチを差し込む穴に接着剤がついているので、カッター、キリなどで除去してから作業してください。
《注意》
刃物の取り扱いには十分注意しておこなってください。

4. 止め輪を外します。
止め輪
マイナスドライバーなどを使用し外します。

5. ダンパーを固定している虫ネジをゆるめます
虫ねじをゆるめる
ダンパーを固定している虫ネジを 2.0mmの六角レンチでゆるめます。

レンチを差し込む穴に接着剤がついているので、カッター、キリなどで除去してから作業してください。
《注意》
刃物の取り扱いには十分注意しておこなってください。

6. ダンパーを固定しているピンを抜きます。
ダンパーフリー
ダンパーを固定しているピンを抜き、ダンパーをフリーの状態にします。

3.0mmのピンポンチを使用してください。また、ピンにも接着剤がついているため、カッター、キリなどで除去してから作業してください。
《注意》
刃物の取り扱いには十分注意しておこなってください。

7. ダンパーと支柱を外します。
ダンパーと支柱を外す
プラスチックハンマーで叩きます。

8. ベアリングを外します。これで全部品の取り外しが完了します。
ベアリングを外す
付着している材料などを取り除き、ジェットクロンを清掃してください。

9. ここから組み立てに入るので新しいダンパーセットを用意してください。
新しいダンパーセット

10. ベアリングを入れます。
ベアリング
ベアリングの位置は、面であわせます。
[Point]
短管などを横に寝かせ、その上からたたくと入りすぎず、容易に位置が決まります。

11. 支柱とダンパーをセットし、ソレノイドを取り付けます。
ソレノイド取り付け
ダンパーの中心がジェットクロンの排出口の中心になるようにセットしてください。

12. ダンパーを固定します。
ダンパー固定
ソレノイドが ONした状態でダンパー閉になるように位置を合わせ、虫ねじでダンパーを固定します。
[Point]
ソレノイドが ONした際ダンパーはジェットクロンの排出口に対して、ぴったりとつかず 1.0mm〜2.0mmのクリアランスがあります。これはソレノイドに負荷をかけないようにするためです。この位置に調整するには、ソレノイド先端のゴムと支柱の間に多少ガタが出る程度のクリアランスで調整するとうまくいきます。

13. ダンパー固定ピンを挿入するための穴をあけます。
キリで穴をあける
3.0mmのキリで支柱の中心をめがけ垂直に穴をあけてください。

キリ貫通

14. ダンパー固定ピンを挿入します。
ダンパー固定ピン
3.0mmのピンポンチを使用し、貫通したら金属用接着剤(エポキシ系樹脂)をつけてください。
また、虫ねじももう一度増締したのちに、金属用接着剤をつけてください。

15. 止め輪を取り付けます。
止め輪

16. ソレノイド・リミットスイッチ・カムを取り付け、位置を調整します。
ソレノイド・カム・リミットスイッチ
カムの位置調整は リミットスイッチの調整方法 を参照してください。

17. カバーを取り付けます。完了です。
カバー


​​