粉砕機の従動側ベアリング、小回転刃、大回転刃の交換要領 (MGL)

MGL の保守点検要領へ →
MGL の診断要領へ →
初めに

メンテナンス前の注意

  • 取扱説明書記載の「安全に関する遵守事項」を十分に理解したうえでメンテナンスをおこなってください。

電源の遮断

  • メンテナンスをおこなう前には必ず運転を停止し、貴社一次側電源を遮断してください。

メンテナンスに携わる方

  • 保守点検および部品交換は、危険や故障が伴いますので、本製品を十分に理解している専任の方以外は絶対におこなわないでください。
  • ギヤモートル交換時などクレーンを使用する場合は、有資格者により、必要な安全規則を遵守してください。
  • 電気関係の点検および交換作業は、電気に関して十分に知識を持った人以外は絶対におこなわないでください。
  • ※メンテナンスのご用命は、最寄のサービス拠点へご連絡ください。

服装

  • 巻き込まれやすい服装は避け、安全靴を着用してください。
  • 刃物を扱いますので創傷防止のため、手を切らない厚手の保護手袋をはめてください。
  • エアガンを用いての清掃は粉塵が空中に舞うため、防塵メガネ・マスクなどを着用してください。

主に使用する工具および部材

  • ソケットレンチ
  • 六角レンチセット
  • トルクレンチ
  • プラスチックハンマー
  • M8×40L全ネジ2本
  • 二硫化モリブデングリス
  • 半永久固定接着剤
  • 角材
  • 手回し回転ハンドル(付属品)
交換・調整要領
1. 投入ホッパーを取り外します。
投入ホッパーを取り外す
[Point]
(1) ホッパー蝶番を外しても転倒しないようにギヤモートル側の投入ホッパー固定ノブをしっかり締めます。
(2) 従動側にある投入ホッパー蝶番の下半分(投入ホッパーを締結している)六角穴付ボルトM8-3本を取り外します。
(3) 投入ホッパー固定ノブをゆるめ、投入ホッパーを取り外し安定した場所に置いてください。
《危険》
ホッパー蝶番のボルトや固定ノブをゆるめたり外した時には投入ホッパーが不安定な状態ですから、必ずホッパーが転倒しないように保護して取り外してください。転倒しますと下敷きとなり骨折の恐れがあります。

2. 従動側ケーシングプレートB周りのボルト、ナットおよびベアリングカバーを取り外します。
従動側ケーシングプレートB
[Point]
固定刃ハウジングとスクレーパハウジングを閉じた状態で、作業をおこないます。
(1) 従動側ケーシングプレート Bの下の架台取付用 M12ボルト、ナットを左右2ヶ所外します。
(2) 従動側ケーシングプレート Bの下、左右の支点軸締結のハードロックナット2ヶ所の M14上ナット、下ナットをソケットレンチでゆるめて取り外します。
ハードロックナット
(3) 従動側ケーシングプレート Bの左上の四角いステー軸締結の六角穴付ボルト M6×40L-4本を六角レンチでゆるめて取り外します。
(4) 従動側ベアリングカバーの取付ボルト M6×15L-4本を外してベアリングカバーを取り外します。

3. ベアリングハウジングを取り外します。
ベアリングハウジング取外し
[Point]
(1) ベアリングハウジングを締結している六角穴付ボルト M8×25L-6本を六角レンチでゆるめて取り外します。
(2) 抜き用ジャッキボルトとして M8×40L全ネジ-2本を準備します。ベアリングハウジングの上部と下部にM8の抜きタップがありますので、上下少しずつ交互にジャッキボルトをねじ込んでいき、ベアリングハウジングを抜き取ります。

4. エンドキャップおよびカラーを取り外します。
エンドキャップ・カラー取外し
[Point]
片方の手で大回転刃の長穴に手回し回転ハンドルを差し込み、そのハンドルを握って主軸の回転を止めながらさらに大回転刃に角材を噛ませて回り止めし、キャップを締結している六角穴付ボルト M8×20L-1本を六角レンチでゆるめて、エンドキャップとカラーを取り外します。

5. 従動側ケーシングプレート Bを取り外します。
従動側ケーシングプレート取外し
[Point]
ロックプレートA、Bをクランプレバーでゆるめ、固定刃ハウジウングとスクレーパハウジングを開けて、左図のように利き手でプラスチックハンマー、反対の手でケーシングプレート Bを持ち、内側より上、下、右、左と均等に叩き平行に支点軸、ステー軸から抜き取ります。

6. 従動側ベアリング、各刃物を取り外します。
ハウジングを開く
[Point]
(1) 固定刃ハウジングとスクレーパハウジングを開いた状態で大回転刃の刃先が大回転刃のリターン溝と干渉しない位置まで手回し回転ハンドルで回転させます。
(2) 従動側軸端から順にベアリング⇒ダストワイパー右⇒小回転刃3⇒大回転刃2⇒小回転刃2⇒大回転刃1⇒小回転刃1と抜き取ります。
《警告》
小回転刃、大回転刃に触れる際は手袋を着用して慎重におこなってください。
鋭利なため手や指を創傷します。

7. 従動側ベアリング、各刃物を取り付けます。
各刃物
[Point]
刃の組付方法は大回転刃、小回転刃共に刃先が固定刃側を向くように組み付けてください。
横から見て四角い断面のステーが付いている方向が固定側です。刃の順番は小回転刃は刻印1⇒2⇒3の順に、大回転刃も刻印1⇒2の順に組み込みます。これらの刻印番号は刃の側面に刻印しています。
刃をシャフトに挿入する前、キーの側面とシャフトに薄く二硫化モリブデングリスを塗りつけます。
小回転刃1⇒大回転刃1⇒小回転刃2⇒大回転刃2⇒小回転刃3⇒ダストワイパー右⇒ベアリングと順に挿入していきます。
《注意》
刃の挿入時には刃先の方向、刃の順番を組み間違いないように注意してください。また慎重に穴を合わせ、軸に真直ぐに挿入してください。
無理にシャフトに叩き込まないでください。傾いて挿入したり、叩き込んだりすると刃物の硬度が高いため、シャフトが削れたり返りが出て抜けなくなったりします。
刃物は全てキー位置が異なります。
《警告》
挿入するベアリング(6210LLU-CM-5Kの内部すきま)CMは特殊です。
普通すきまCNやその他の内部すきま、または他社の軸受で代用された場合は軸受破損や刃の破損の原因となり、弊社保証範囲外となりますのでご了承ください。
交換に関しては必ず最寄のサービス拠点にお問い合わせください。
小回転刃、大回転刃に触れる際は手袋を着用して慎重におこなってください。
鋭利なため手や指を創傷します。

8. エンドキャップおよびカラーを取り付けます。
エンドキャップ・カラー取付け
[Point]
(1) 固定刃ハウジングとスクレーパハウジングを閉じ、駆動側のみロックプレートでロックします。
(2) 従動側軸端にカラーとエンドキャップをはめ、所定の六角穴付ボルト M8×20L-1本でかるく締めておきます。
(3) 片方の手で大回転刃の長穴に手回し回転ハンドルを差し込み、そのハンドルを握って主軸の回転を止めながらさらに大回転刃に角材を噛ませて回り止めし、トルクレンチでこのボルトを締付けトルク25[Nm]に本締めします。

9. 従動側ケーシングプレート Bを取り付けます。
従動側ケーシングプレート取付け
[Point]
固定刃ハウジングとスクレーパハウジングを開け、プラスチックハンマーでケーシングプレートBの外側より上、下、右、左と均等に叩き、平行に支点軸、ステー軸に挿入します。少し挿入してから架台下からガイドバーを両ハウジングの穴に内側から差し込み、その状態からさらにプラスチックハンマーで叩き挿入します。

10. ベアリングハウジングおよび従動側ベアリングカバーを取り付けます。
ベアリングハウジング・従動側ベアリングカバー取付け
[Point]
(1) 固定刃ハウジングとスクレーパハウジングを、ロックプレートとクランプレバーで閉じます。
(2) ベアリングハウジングを所定の六角穴付ボルト M8×25L-6本で取り付けます。
(3) 従動側ベアリングカバーを所定の取付ボルト M6×15L-4本で取り付けます。

11. 従動側ケーシングプレートB周りのボルトおよびナットを取り付けます。
従動側ケーシングプレートB
[Point]
(1) 従動側ケーシングプレートBの左上の四角いステー軸部締結の所定の六角穴付ボルト M6×40L-4本のネジ部にゆるみ止めのための半永久固定接着剤を塗りトルクレンチで締付けトルク10[Nm]に締め付けます。
(2) 従動側ケーシングプレートBの下部左右の支点軸 M14締結部2ヶ所に平ワッシャを入れハードロックナットの下ナットをトルクレンチでそれぞれ締付けトルク68[Nm]に締め付け、その上から上ナットを締め付けトルク58[Nm]に締付けます。
(3) 従動側ケーシングプレートBの下の架台取付用 M12ボルト、ナットを左右2ヶ所に締め込みます。

12. 投入ホッパーを取り付けて完了です。
MGL本体
[Point]
投入ホッパーを乗せ、蝶番ボルト、固定ノブを固定してください。

MGL の保守点検要領へ →
MGL の診断要領へ →

​​