SSR(ソリッド・ステート・リレー)の点検要領

(MJ3, MGD, GMC, DMZ2/DMS2, DMD4型)


《注意》
点検の際は、下記に記した注意事項をよく読み、必ず絶縁工具を使用し感電対策を施してからおこなってください。

SSRの基本動作
コイル部(インプット)に電荷されると、動作表示灯(黄色)が点灯し、2次側(ヒーター線)に電流が流れます。

図
図 G3PAタイプ GMC
図
図 G3NAタイプ(負荷AC仕様)MJ3,MGD
《注意》
  • 通電中は、高温になっているため、SSR本体および放熱器に触れないでください。
  • 電源を切った直後に、SSRのロード端子に触れないでください。
    内臓回路に電荷が充電されているため、感電の原因となります。
  • 端子カバーのあるSSRは、必ずカバーを取り付けてご使用ください。
  • SSRの負荷側に短絡電流(ショート)が流れないようにしてください。
    流れた場合SSRが破裂する場合があります。
《備考》
SSR型式 ネジ 推奨締付トルク
G3PBタイプ M3.5 0.75〜1.18N・m
G3NA−210B,220B、420B M4 0.98〜1.37N・m
G3NA−240B M5 1.57〜2.35N・m



​​