エンジニア職1-社員紹介

リクルート

現場の声

社員紹介

エンジニア職

  • お客様の“ありがとう”がやり甲斐です。

    技術部 機械設計課(2000年入社)

  • ある一日のタイムスケジュール
    8:00 出社
    8:30 朝礼
    9:00 仕様検討/営業部と打合せ
    11:00 機器の検討
    12:00 昼休み
    13:00 技術会議
    15:00 問い合わせ対応
    17:00 機器の図面作成
    19:00 出図手配資料作成/取扱説明書の作成
    21:00 退社
私の仕事1(役割・担当業務)

自社製品をお客様の要望に合わせた仕様にカスタマイズする設計・作図作業をしています。さらに、設計した機器の取扱説明書作成、社内チェックの後、お客様の工場に訪問して試運転調整を行います。また、営業部やお客様からの技術的問い合わせの対応も行います。

私の仕事2(大変なこと、難しいこと、気をつけていること、腕の見せ所

お客様の要望を満たし良い製品を作る。これは当然のことです。 一方、製造コストは下げて利益を確保する。また、納期は守る。 これを全て満たすのは、口で言うよりかなり難しく、技術者としての力量が問われるところです。

最適な設計を行うことで全てを満たせるよう、設計作業に工夫を凝らし頑張っています。

仕事のやりがい

プラスチック成形設備の新工場用機器の設計を行なったときのこと。

新工場の建設時から、お客様をはじめ、私達設備機器メーカー、建築会社、工事会社など、 各社のメンバーが集まり力を合わせて設備を立ち上げていきました。 何度も足を運び、何度も修正を重ね、半年かかりで工場の稼動(生産)を開始することができ、 試運転が完了した時に「ありがとう」の言葉を頂いたとき、言葉にならない達成感を得ることが出来ました。

「松井製作所さん」から個人名で呼ばれるようになり、うれしかったことを昨日のことのように覚えています。 お客様の要望に全力で応えることで、心から共に喜び、結果としてお客様の信頼を得ることができたと感じました。 当社の経営理念「信頼される、応える、共に喜ぶ」を感じることができた瞬間でした。

入社動機

自動車、家電、生活用品、CDやDVD、パソコン、お弁当などの容器・・・、 私達の身近にあり、もはや生活に欠かすことの出来ないプラスチック製品の生産は一企業で出来るものではありません。 その生産に関わる設備を設計できる、世界中のさまざまなプラスチック製品を生産する一員になれる。それが松井製作所です。 機械の設計をすることで、私もその仲間入りをしたい!そう思い、入社しました。

実際に、皆さんが使っているディスク(CDやDVD)やペットボトル、携帯電話や自動車などに使われているプラスチックも、 私の設計した機器をひとつの過程として通って生産されています。

休日の過ごし方

子どもと一緒に遊ぶなど、家族と過ごす時間を大切にしています。

その他のエンジニア職スタッフ

  • グローバル No.1 の人材を
    目指して

    技術部 制御設計課
    (2008年キャリア入社)

  • 自分のアイデアを
    装置に込める

    技術部 機械設計課
    (2011年入社)

  • “できない” ではなく、
    “まずやってみよう”

    開発部 装置開発グループ
    (1992年入社)

  • 常に話し合える職場環境が
    自慢です。

    生産部 製造課
    (2001年入社)

  • “機械”と“人”の両方に
    深く関わる仕事です。

    大阪サービス課
    (2011年入社)

採用関連の問合せ受付窓口

株式会社 松井製作所 rapport部 採用担当
〒540-0001 大阪市中央区城見1-4-70 OBPプラザビル17F
Tel:06-6942-9555
E-mail:recruit@matsui.net