エンジニア職2-社員紹介

リクルート

現場の声

社員紹介

エンジニア職

  • グローバル No.1 の人材を目指して

    技術部 制御設計課(2008年キャリア入社)

  • ある一日のタイムスケジュール
    8:00 出社
    8:30 朝礼
    9:00 依頼書を元に機械担当者と打合せ
    11:00 電気回路作成
    12:00 昼休み
    13:00 電気回路作成/部署内で相談
    14:00 出図
    15:00 材料手配
    16:00 出荷チェック
    17:00 PLCソフトチェック
    19:00 退社
私の仕事1(役割・担当業務)

技術部制御設計課で制御設計を担当しています。

お客様の求める仕様を満たし、且つ、安全に装置を作動させる設計を行うことが役割です。 電気・回路についてのノウハウはもちろん、機械についても知識が求められる業務です。

関連部署と仕様検討を重ね、最適な設計を行うよう日々活動しています。

私の仕事2(大変なこと、難しいこと、気をつけていること、腕の見せ所)

1つの機器を設計する為には、機械設計担当者や製造担当者とコミュニケーションを取り合い、 また、部署内メンバーからのアドバイスを受け、お互いに意見を出し合って検討を進めていきます。

韓国出身の私は、まだ日本語で表現できない言葉があるので皆さんには色々と助けられています。

仕事のやりがい

松井製作所はグローバルな企業なので、私の国、韓国でもプラスチック関連業界で一番有名です。 韓国の友人に「松井さんの機械が一番だ」と言われることがよくあります。 言われる度に、松井製作所で働いていることを誇らしく感じます。

ここがマツイのいいところ

同僚や先輩社員がとても親切です。 早急にやらなければならない仕事がある時、自分自身の仕事だけでも忙しいはずなのに、 相談をすると、まるで自分の仕事をするように良いアドバイスや協力をしてくれるのがとても嬉しいです。

入社動機

今の世の中は、世界中の様々な人と出会い、会話をするのが当たり前なグローバル社会です。 私自身も世界中で活躍できるようなグローバル人材になりたいと思い、 グローバルNo.1を目指す会社で、グローバルNo.1の人材になりたい思いで松井製作所に入社しました。

私の学生時代

実は、大学3年生の夏休みに、Korea Matsui(韓国)で短期バイトをしたことがあります。 卒業後は別の企業に就職したのですが、その後、縁あって日本の松井製作所に入社しました。 今思えば、松井製作所と私との間には以前から深い縁があったのかな、と思います。

休日の過ごし方

パソコンの組立や最新の電子機器を触るのが好きなので、休日には電気街や家電量販店に行くのを楽しみしています。

その他のエンジニア職スタッフ

  • “ありがとう” が
    やり甲斐です。

    技術部 機械設計課
    (2000年入社)

  • 自分のアイデアを
    装置に込める

    技術部 機械設計課
    (2011年入社)

  • “できない” ではなく、
    “まずやってみよう”

    開発部 装置開発グループ
    (1992年入社)

  • 常に話し合える職場環境が
    自慢です。

    生産部 製造課
    (2001年入社)

  • “機械”と“人”の両方に
    深く関わる仕事です。

    大阪サービス課
    (2011年入社)

採用関連の問合せ受付窓口

株式会社 松井製作所 rapport部 採用担当
〒540-0001 大阪市中央区城見1-4-70 OBPプラザビル17F
Tel:06-6942-9555
E-mail:recruit@matsui.net