スマート・ショット・カウンタ

Smart Shot Counter

金型加工がいらない!
“ 次世代ショットカウンター ”
マグネットで金型に取付けるだけで始められる、
型メンテナンス支援ツールです。

スマート・ショット・カウンタ

Smart Shot Counter とは

金型メンテナンス支援を目的とし、取得データをクラウド管理することで、金型管理の見える化/IoT化を実現する1つのツールで、一般のショットカウンタとしても使用いただけます。

金型にマグネットでワンタッチ取付け、ショットカウントをはじめ、サイクルタイム・金型表面温度・周囲温湿度を測定でき、金型加工の必要はいりません。

不良が出てからの メンテナンス

金型の状態は、成形条件などの微調整によって良品が作られることで把握しきれず、 不良という目に見える形になってから対応している。

不良が出る前の 過度なメンテナンス

定期的な(過度な)メンテ時間を踏まえた生産スケジュールを計画し、生産効率の低下が当たり前になっている。

成形機ショットカウントを 手書きメモでの管理

手書きメモを、エクセルなどでローカルファイルで管理することで、ミスや情報共有が確実にできないなどの問題が懸念される。

ショットカウントの 取付けには加工が必要

既存の多くのショットカウンタは当板・設置穴などの加工が必要となり、支給型などに使用するには金型設計から計画する必要もある。

こんな 現状変わります!

効率的な生産スケジュール計画が可能!

ショット回数が一目でわかり、最適なタイミングでのメンテが可能。
金型に対して1By1で取り付けることで、使用していない金型の状態も簡単に把握可能。

人為的ミス・漏れがなくなる!

電子ペーパでの表示・クラウド管理を行うことで、どこでも・誰でも・いつでも情報確認が可能。
ショットカウントしている金型の一覧を簡単に見ることができるため、金型管理がより簡単に

簡単取り付け!

取付はマグネットでワンタッチ。
金型を加工する必要がないので、支給型にも簡単に設置可能。

各種データをクラウド保存できる拡張性があり
金型メンテナンス時期のお知らせが可能です!

資料ダウンロードへ
必要なのはメールアドレス入力だけ!

特 長

01

マグネット式で簡単取付けが可能!

金型を加工する必要なく届いたその日からご使用できます。

02

品質を左右する金型周囲データも取得!

取得したデータは視認性の高い電子ペーパーディスプレイに表示します。

03

専用ツールでのIoT化も実現!

必要に応じて、MoldConnect(別売)を利用した機能拡張が可能です。

これまでのショットカウンターと何が違うの?

一般的な
ショットカウンター

スマート・ショット・カウンタ

Smart Shot Counter

一般的なショットカウンターと比べると、
取付けのし易さ、拡張性が全く違います!

スマート・ショット・カウンタ

Smart Shot Counter

+

金型メンテナンス支援システム

Mold Connect

安価 簡単 操作
金型管理をIoT化。

資料ダウンロードへ
必要なのはメールアドレス入力だけ!