診断要領2-ブロワの風量が少ない-DMZ2, DMS2

保守点検・診断要領

診断要領

除湿熱風乾燥機(DMZ2, DMS2)

注意
※点検作業をおこなう前には、装置の停止操作をおこない、装置が完全に停止したことを確認後、電源ブレーカーを “OFF” にして、加熱部が火傷しない温度まで下がってからおこなってください。
確認と対処方法
1. 乾燥・再生フィルターが目詰まりしている。
目詰まりしていますと風量が少なくなります。
各フィルターが目詰まりしているかどうか確認してください。目詰まりしている場合は清掃・交換をしてください。
dmz2_dms2
汚れていたり、目詰まりしている場合は、フィルターの内側にクリーンなドライエアを吹き付けて付着物を取り除いてください。

[Point]
  • ドライエアを吹き付けての清掃は、フィルターの付着物が空中に飛散するため、マスクなどをしておこなってください。
  • 清掃後はフィルターを元どおりセットし、確実に固定してください。
  • 目詰まりがひどい場合には、新品と交換してください。
  • 清掃・交換の際は運転スイッチを切り、ブロワが完全に停止したことを確認してからおこなってください。

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください

2. 除湿ユニット内部の接続ホースが破れている。また接続にゆるみがある。
ホースに破れ・ホースバンドにゆるみがないか確認し、交換、増締をおこなってください。

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください