メニュー

サポート情報Support

よくあるご質問

MJ5-iのブロワーが過負荷運転を起こしサーマルリレーがトリップする

制御盤内部のコンタクタ接点が溶着あるいは消耗している

1. 制御盤内部を開け、コンタクタ KM2 の接点が溶着・消耗していないかどうか点検してください。

2. 溶着・消耗している場合や正常な動作を行わない場合には、コンタクタを交換してください。

<参考> 開閉耐久回数 200万回

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

インバータU1 或いは U2が正常に機能していない

1. インバータ異常の警報が発生していないかどうか確認してください。

2. ディスコネクトスイッチ QS1 をオフ (○) にしてインバータ異常の警報を解除してください。

3. 制御盤内のインバータ U1 が正常に機能していない場合は修理または交換してください。

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

サーマル定格値の設定が違う

1. インバータ異常の警報が発生していないかどうか確認してください。

2. ディスコネクトスイッチ QS1 をオフ (○) にしてインバータ異常の警報を解除してください。

3. 制御盤内のインバータ U1 が正常に機能していない場合は修理または交換してください。

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

注意

※安全のため、点検作業時には機械の電源は必ず切ってください。
※点検作業は、貴社の認定された方がおこなってください。
※部品の交換作業は、(株)マツイ・エス・ディ・アイのサービスマンもしくは、貴社の認定された方以外の人はおこなわないでください。

    この情報により問題解決できましたか?