メニュー

サポート情報Support

よくあるご質問

MCJで媒体減(LEVEL DROP)が点灯している

注意

※必ず運転を停止し、ブレーカーを “OFF” にしたことを確認してから作業をおこなってください。
※本装置を分解してのメンテナンスまたは修理においては、機械および電気に関しての十分な知識がない方は、故障や危険が伴いますので絶対におこなわないでください。

媒体が補給されていない。

MCJ-L, Hタイプ
貴社給水設備(一次側冷却水)を点検してください。

  1. 給水バルブ
  2. 排水系のバルブ
  3. クーリングタワーのポンプなど

Point

バルブなどは確実に開けてください。
一次側冷却水の給水圧、排水側圧力が指定通りになっているか確認してください。

<参考>

  1. 給水圧力は、0.1MPa〜0.3MPa の範囲にて供給してください。
  2. 排水側の圧力は約 0.09MPa 以下にしてください。
  3. 給水圧力は排水側圧力より 0.05MPa〜0.3MPa 高くしてください。
  4. 但し、給水圧が 0.3MPa 以上になる場合は減圧弁を設置してください。

MCJ-Aタイプ
貴社給水設備(一次側冷却水)を点検してください。

Point

補給する媒体は弊社付属のオイルを使用してください。

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

給水電磁弁が正常に作動していない。(MCJ-L, H タイプ)

給水電磁弁を分解し、作動するか確認してください。

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

エア抜き電磁弁が正常に作動していない。(MCJ-H タイプ)

エア抜き電磁弁を分解し、作動するか確認してください。

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

フロートレススイッチ・フロートスイッチが感知しない。

スケールなどによる誤操作で、媒体を感知しない場合があります。
フロートレススイッチ(L,Hタイプ)、フロートスイッチ(Aタイプ)を点検し、汚れていたら清掃してください。


フロートレススイッチ清掃方法

フロートスイッチ清掃方法

MCJ保守点検

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

    この情報により問題解決できましたか?