メニュー

製品情報Product

乾燥機

材料乾燥は、成形品質を向上させます。材料乾燥装置は、樹脂に含まれる水分による成形品質の低下防止を主な目的として使用されています。
成形品質には、機械強度に代表される機能的な品質と外観や寸法などの形状品質があります。例えば、含有水分により、材料が加水分解し強度が低下、銀条(シルバー)や空洞 (ボイド)による形状不良等があります。別用途には、材料温度を上げ成形時の可塑化の 補助に使用される場合があります。

乾燥機 カタログ全データ
予防点検のおすすめ

乾燥設備を設置する場合の注意

  1. 労働安全衛生法第十四条及び労働安全衛生法施行令第六条第八号ロで、事業者は加熱乾燥の熱源として電力を使用するもので、定格消費電力が10kW 以上の乾燥設備を使用して作業する場合、乾燥設備作業主任者技能講習修了者から、乾燥設備作業主任者を選任しなければならないと定めています。乾燥設備作業主任者技能講習につきましては、都道府県により異なるため、所轄の都道府県労働局( 労働基準監督署) にお問い合わせください。
  2. 労働安全衛生法第八十八条及び労働安全衛生法施行令第六条第八号ロで、事業者は、加熱乾燥の熱源として電力を使用するもので、定格消費電力が10kW 以上の乾燥設備を設置・移転する場合、又は主構造部分を変更する場合、当該工事の開始の日の三十日前までに労働基準監督署長に届け出なければならないと定めています。
  3. 労働安全衛生法第四十五条及び労働安全衛生法施行令第十五条第一項第七号で、事業者は乾燥設備の定期自主検査を行い、その記録を三年間保存しなければならないと定めています。( 関連: 労働安全衛生法施行規則第二百九十九条 )
  4. 乾燥設備は自治体によって消防署への届出が必要な場合があります。所轄の消防署へお問い合わせください。

その他、製品やシステム、サービスへのご質問やご相談、価格に関するお問い合わせは、ウェブサイトのお問い合わせフォーム、または下記カスタマーセンターへご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ
受付時間:平日 8:30 〜 17:30
カスタマーセンター:042-700-7215