メニュー

サポート情報Support

よくあるご質問

MJ5-iの輸送ブロワが回らない

注意

※安全のため、点検作業時には機械の電源は必ず切ってください。
※点検作業は、貴社の認定された方がおこなってください。
※部品の交換作業は、(株)マツイ・エス・ディ・アイのサービスマンもしくは、貴社の認定された方以外の人はおこなわないでください。

スタンバイランプが点灯していない

スタンバイランプ HL1 が点灯している状態でないと稼働しません。

1. 一次側電源及びディスコネクトスイッチ QS1 を ON (I) にしてください。

2. スタンバイスイッチを押して点灯させてください。

3. すぐ “OFF” になる場合は最寄りの拠点へお問合せください。

マグネットの接点が溶着、もしくは消耗している

それぞれの「Feeder」スイッチを押してからスタートになります。

1. 制御盤を開け、モータブレーカ QM1 が ON (I) になってるか、また、マグネットの接点が溶着・消耗していないかどうか点検してください。

2. 溶着・消耗している場合や、正常な動作を行わない場合には、コンタクタを交換してください。

<参考> 開閉耐久回数 200万回

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

ブロワ過負荷の警報が出ている

1. ブロワ過負荷の警報が発生していないかどうか確認してください。

2. ブロワ過負荷原因を修理後、制御盤の扉を開けて、モーターブレーカ QM1 の黒色ツマミを ON (I) の位置へまわします。

ウェブパーツショップ

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。

輸送先ジェットクロンもしくは捕集器のレベル計・レベルセンサが材料減にも関わらず「ON」している

ブロワに過電流が流れ電磁開閉器サーマルリレーがトリップした場合に発生します。

<参考> 運転は自動的に停止します。

1. 材料が満杯でないのに輸送先ジェットクロンのリミットスイッチがオンしていないかどうか確認してください。

MJ5-iの調整方法:ジェットクロンダンパーカム・リミットスイッチ

2. 輸送先捕集器のレベル計・レベルセンサの感度を確認してください。

MJ5-iの調整方法:レベル計感度

3. 感度調整が必要な場合はご使用されているスイッチを選び調整してください。

MJ5-iの調整方法: 近接スイッチ感度

それでも直らない場合は最寄りの拠点へお問合せください。