メニュー

サポート情報Support

メンテナンス情報

DMD4の調整方法:光電センサ

感度調整方法

成形機上吸引ホッパーレベル計(光電スイッチ)の検知状態の確認をおこなってください。
光電スイッチは通常調整する必要はありません(最大感度にして使用してます)。
しかし、成形材料が投入された状態で遮光状態が不十分な場合は、感度ボリュームを左に回して緑色のランプが点灯するように調整してください。動作切替スイッチはL側(入光時 “ON”)にして使用します。